KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

2018年度 関西モノづくり大会

「スマートモノづくりへの挑戦」 ~ 4M&ICTで質を高める~

 “第四次産業革命”と言われる現在、我が国においては、少子高齢化による労働人口の不足の一方、IoTやロボット技術を活用した「スマートものづくり」の進展により、生産性向上と同時に、働き方や製品・サービスの質の向上が求められています。
 そのような状況下、製造業では、各種デジタル技術(ICT)を効果的に活用した仕組みづくりと現場改善、それらを司る人づくりが喫緊の課題となっていますが、ICTへの単なる置き換えではなく、モノづくりにおける「Man(作業者)」「Machine(機械設備)」「Material(原材料)」「Method(作業方法)」(4M)の要素をバランス良く投入することが求められているといっても過言ではありません。
 そこで、本大会では、上記テーマのもと、講演、事例発表ならびに現場見学を通じて、デジタル化時代の モノづくりへの課題解決の一助となるよう開催いたします。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

(注)【懇親会】(1日目)、【現場見学会】(2日目)はオプションです。

-----------------------------------------------------------------------
■主催 (公財)関西生産性本部 / 関西インダストリアル・エンジニアリング協会(関西IE協会)
■協賛 (公社)日本経営工学会、(公社)大阪府工業協会、関西経営品質協議会
主催団体 関西IE協会 
講座の種類 大会 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、リーダー層(主任・係長クラス) 
講座カテゴリー モノづくり革新 
開催日・期間 2018年10月23日~2018年10月24日
開催場所 大阪国際会議場、見学先 
開催場所URL http://www.gco.co.jp/access/
参加費 《1日目【全体会議】【事例発表会】》 ※お一人につき
 (1)主催・協賛団体の会員、他地区のIE協会・生産性本部会員
                        :29,000円
 (2) 一  般(会員外)           :39,000円
★★上記(1)(2)の方は9/26(水)まで(早期申込み)は、3,000円/名割引!!★★
--------------------------------------ーーーーーーーー
 関西IE協会アカデミー会員、主催・協賛団体加盟の学識者:13,000円
 「学生」特別価格               :3,000円
--------------------------------------ーーーーーーーー
 ※【懇親会】(オプション) :5,000円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
《2日目【現場見学会】》(オプション)
1コースにつき 10,800円

【注】
①参加費には、資料・昼食代(1日目)、貸切バス代(2日目)、消費税を含みます。
②「学生」とは、大学生、大学院生をさします(社会人大学学生は適用外)。 
内容(スケジュール、運営方法、等)

《1日目(10月23日(火))》

【全体会議】 9:30~12:20
〔開会挨拶〕   関西インダストリアル・エンジニアリング(IE)協会会長  小川 謙四郎
         ㈱クボタ 取締役専務執行役員 生産本部長)

 9:40~10:55
〔基調講演〕  現場からオフィスまで、全社で展開するトヨタの『自工程完結』」     
         ~ 「やるべきこと」が「やれるようになる」ための仕事の進め方 ~


         トヨタ自動車㈱ 技監     佐々木 眞一 

            《講演要旨》

             バブル崩壊後、低迷が続いた日本経済。産業競争力も低下しました。モノからコトへのお客様
             価値の変化、物造りのIoT導入、産業構造の変化は、日本産業復活チャンスと受け止めるべき
             です。本講演では、トヨタ自動車での『自工程完結』の考え方と、仕事の進め方を含めた取組
             みについて、お話しいただきます。
             ※ご略歴などは、下記(印刷用ファイル)にある本大会案内状(pdf版)をご覧下さい。
 
 

11:10~12:20
〔特別講演〕  ラグビー日本代表を変えた『心の鍛え方』
         ~ 指導力の重要性 ~
       

          園田学園女子大学 人間健康学部 教授  荒木 香織
             (前男子ラグビー日本代表メンタルコーチ)

            《講演要旨》

             指導力は、経験を通じて育成されるものではなく、理論に基づき、体系的に育成することが
             可能です。本講演では、スポーツ心理学や組織心理学を基盤として、指導者として適切に力
             を発揮するためのスキルについて、お話いただきます。
             ※ご略歴などは、下記(印刷用ファイル)にある本大会案内状(pdf版)をご覧下さい。

-------------------------------------------------------

12:20~13:20 昼食・休憩  ※お弁当とお茶をご用意しています。

-------------------------------------------------------

【事例発表会】13:20~16:50(各3事例)

〈第1会場〉 〈第2会場〉

【事例1-1】(13:20~14:20)
■ 価値を生むデジタルマニュファクチャリング
 ~ データ活用技術による工場改革 ~

 コニカミノルタ㈱ 執行役
  IoTサービスPF開発統括部
           統括部長  江口 俊哉 氏

●当社が目指す「デジタルマニュファクチャリング」
●「人・モノ・設備の見える化」の実現技術、現場の事例
●データ活用による生産改革を推進する社内体制と人財育成
 

【事例2-1】(13:20~14:20)
■ 『PL-up活動』と『PL-up実践塾』による
               強い現場づくり
  ~ IEをベースとした改善活動と
         モノづくり人財育成の取組み ~
 ㈱LIXIL
  LIXIL WATER TECHNOLOGY Japan
  サプライチェーン本部 サプライチェーン企画部
      PL-up推進室  室長   加藤 昌彦 氏

●あるべき姿を正しくとらえ、強い現場をつくるPL-up活動の紹介
●IEをベースに活動を推進する人材育成(PL-up実践塾)の紹介

【事例1-2】(14:35~15:35)
■  Collaboration in Japan
 ~ 国内における産業用ロボットの
          活用促進に向けた取り組み ~

 ABB㈱ ロボティクス&モーション事業本部
    ロボティクス事業部 事業部長
                中島 秀一郎 氏

●人手不足への協働的解決:ロボティクス事業の概況と取り組み
●協働用ロボットYuMi® :ユニークな製品による活用事例
●ABB Ability コネクテッド・サービス:サービスでのデジタル技術活用

【事例2-2】(14:35~15:35)
■ IoT活用による超多品種少量生産のIE改善
 オムロン㈱ 商品事業本部 草津工場
      生産管理部 生産技術課
              課長代理 井上  真 氏

●IoTを活用し、効率的にIE改善を行った事例の紹介
●段取替えが多い超多品種少量ラインへのIoTによるムダの見える化
●現場管理・改善におけるIoTを活用したIE改善と作業者の役割(考察)

【事例1-3】(15:50~16:50)
■ IoT活用による ものづくり強化の取組み
 ~ 生産現場で受け入れられる
         IoTソリューション事例 ~
 NECプラットフォームズ㈱
         執行役員   佐藤 秀哉 氏

●IoT導入においては生産現場で受け入れられるIoTの要件を定義
●開発部門と一体の活動で、真に価値のあるIoTに進化
●生産性の効率化や改善サイクルの高速化を実現

【事例2-3】(15:50~16:50)
■ IoTを活用した生産革新の取組み
 ~ 多品種少量生産に対応したモノづくり改革 ~
 DMG森精機㈱
     製造本部 組立生技部
             
部長  堀井  賢治 氏

●IoTを活用した生産、品質の見える化
●セル生産からライン生産による生産性の向上

-------------------------------------------------------
17:10~19:00【懇親会】 =ご参加者・ご発表者との相互交流・親睦の場=
 ※オプション                         於:12階〔レストラン「グラントック」〕 
=======================================================

《2日目(10月24日(水)》【現場見学会】※オプション

【Aコース】(13:45~16:45)  定員:40名
㈱神崎高級工機製作所
  [生産品目:歯車、工作機械、油圧機器、トランスミッション、マリンギヤ/兵庫県尼崎市]
 ■ YWK(Yanmar Way by Kaizen)活動による改善活動の定着化とモノづくり強化の取組み

【Bコース】(14:00~16:45) 定員:40名
新明和工業㈱ 航空機事業部 宝塚分工場
 [生産品目:Boeing787主翼SPAR(桁)、777,777-9翼胴フェアリング/兵庫県宝塚市]
 ■ 航空機事業部における“生産改善活動”と“人づくり”

【Cコース】(13:45~16:20) 定員:30名
㈱パトライト 三田工場 
 [生産品目:積層信号灯、表示灯、回転灯/兵庫県三田市]
 ■ 生産性向上を実現する簡単IoTによる現場改善
 
(注)
①同業者のご参加はお受けできない場合があります。
②定員になり次第、受付を終了致します。
③貸切バスにて移動します(B・Cコース)。
④「集合時刻・場所」などは、受付後にお送りする「現場見学会スケジュール」にてご確認下さい。
 
印刷用ファイル 18年度「関西モノづくり大会」案内状 (HP用).pdf (665 k)
備考 【申込方法】
1.下記「お申し込みはこちら」のボタンからお申し込み下さい。
   (注)【現場見学会】(2日目、オプション)のみのお申込みは、お受けしておりません。
2.「参加証」、「会場略図」、「請求書」(兼、銀行振込用紙)は、9月下旬から【派遣者】あて、
  発送を開始致します。
  ※参加者あてに「参加証」等のご送付を希望される場合は、「参加申込書」の【通信欄】に、
   その旨をご記入下さい。

なお、【現場見学会】もお申込みの方は、「現場見学会スケジュール」も同封致します。
(『参加証』等のご発送は、同業他社等の確認のため、少し遅くなります。)

【申込締切日】
  〈1日目(講演・事例発表会、懇親会)〉10月15日(月) 
  〈2日目(現場見学会)〉10月11日(木)

《キャンセル規定》
10/11(木)以降のお申込み取消しの場合、参加費はご返却致しません。
※代理の方のご派遣をお願い致します。

〔備 考〕
 ●『資料集』は、会場にてお渡しします。
 ●開催中のパソコン、携帯電話などのご使用(休憩時間を除く)、録音・録画、写真撮影はご遠慮下さい。
 ●〈1日目〉午後の【事例発表会】は、各会場のお席に余裕がある場合は会場移動が可能です。 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 関西IE協会
担当者: 西村・金谷(かなや)・南
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
お申込みはこちら
ページの先頭に戻る