KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

創立60周年記念「欧州生産性国際比較トップミッション」

~TFPの観点から新たな生産性向上への取り組みを探る~

安倍政権は「新3本の矢」の一つとして「希望を生み出す強い経済」実現の具体的目標として2020年までに名目GDP600兆円を達成するという目標を掲げている。そのためには、人口減少による労働力不足に対応すべく、女性や高齢者、障がい者らの雇用拡大や地方創生を本格化して、生産性革命を大胆に進めることを成長戦略として打ち出している。ところが、わが国の労働生産性はOECD加盟34カ国中21位(2014年)と欧米諸国に比べ低い水準にある。
この様な中で持続的成長を続けるにあたっては労働生産性の向上に加えて重要視されるのが、全要素生産性(TFP)である。TFPとは、労働や資本といった要素の他、技術革新やIT活用などによるビジネスプロセスの革新、ブランドによる付加価値向上など、様々な要素がもたらす効率性を測る指標であり、実際にわが国の2010年以降の経済成長には労働や資本よりもTFPが寄与する割合が高くなっている。
本年、当本部は創立60周年を迎えるにあたり、これからのわが国の生産性向上へ向けた活動の在り方を探るべく、経済成長率が伸び悩む中で安定したTFPの上昇率を維持し、成長に寄与しているドイツをはじめとした欧州諸国を訪問し、企業におけるTFP向上に向けた活動やそれを支援する政策などについて調査を行う。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 その他の事業 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、リーダー層(主任・係長クラス)、三役クラス、執行委員クラス、職場委員クラス 
講座カテゴリー 労使関係 
開催日・期間 2016年07月11日~2016年12月19日
開催場所 【訪問国】スイス、ドイツ、フランス
【海外調査】2016年8月31日(水)~ 9月10日(土)11日間
【国内研修】2016年7月11日(月)~12月19日(月)6日間 
参加費 【対象】企業の人事、経営企画部門 等 担当の役員・管理者、労働組合幹部大学などの教育機関の教職員 など
    20名程度

【参加費】
・生産性本部会員 1,212,000円
(うち 国内経費 150,000円 消費税 12,000円)
・一     般 1,320,000円
(うち 国内経費 250,000円 消費税 20,000円)
※ビジネスクラスをご利用の場合は実費差額分(約35万円)が必要になります。
※関西空港出発以外の場合は、別途追加費用が必要になることがあります。

《参加費に含まれるもの》
・海外航空運賃(エコノミークラス)・海外宿泊費(一人部屋、朝食費込み)
・公式行事に伴う現地交通費・ガイド代・空港税・空港施設使用料
・添乗員経費・コーディネータ費、通訳費、講師・訪問先謝礼
・海外の公式行事日の昼食代・海外の夕食会の費用(3回)
・国内事前・事後研修費・運営業務費、調査報告書作成費 等

《参加費に含まれないもの》
・燃油サーチャージ・懇親会費(結団式、解団式は除く)
・国内研修会場までの往復の交通費・国内の空港までの往復の交通費
・パスポート申請費用
 
内容(スケジュール、運営方法、等)

調査内容:
1.欧州企業の高生産性の要因と生産性向上に向けた戦略
 ・ITによる業務革新
 ・ブランド価値を活かした付加価向上戦略
 ・競争力を産みだす知財戦略
 ・多様な人材、働き方を活かした人材マネジメント
2.生産性向上に向けた産業政策(Industrie 4.0の展開など)
3.生産性向上に向けた産学連携            他

※上記の内容は例示で、海外調査に関しては、
 事前研修の中で団員同士が問題意識を出し合い、議論して決定いたします。

団  長:日立造船株式会社 代表取締役会長           古 川   実 氏
     [(公財)関西生産性本部 評議員会議長]

副 団 長:レンゴー株式会社 代表取締役兼副社長執行役員    前 田 盛 明 氏
     [(公財)関西生産性本部 人材開発副委員長]

コーディネータ:関西学院大学 商学部教授           梶 浦 昭 友 氏

訪問国の特徴と訪問先候補
スイス連邦
世界経済フォーラムの国際競争力ランキング1位(2014-15)、国民1人当たりGDPがOECD加盟国中3位(2014年)。世界中から優秀な人材が集まるオープンな労働市場、大学や産業クラスターによる研究開発への支援体制などにより、高付加価値製品やサービスを提供する精密機械、医薬、化学、金融、食品、金融などの産業が国際的に高い競争力を持つ。
訪問先候補:ネスレ、ABB、スウォッチ・グループ、IMD、スイス連邦工科大学 他

ドイツ連邦共和国
OECD加盟国中、労働生産性が11位、平均年間労働時間が1371時間と最短でありながら、国民1人当たりGDPが9位(2014年)と経済成長に対しては労働に加え、TFPの寄与が大きい。実際に、実質GDP成長率に対するTFP の上昇の寄与が1970年代より、リーマン・ショックや欧州債務危機のあった2005年-2009年の時期も含め一貫してプラスで推移している。この背景には自動車などの高品質とブランド力による高付加価値製品を提供する産業の存在や近年、政府が推進するIndustrie 4.0に代表される継続的なイノベーションへの取り組みがあると考えられる。
訪問先候補:シーメンス、BMW、MAN、ミュンヘン工科大学、バイエルン州政府 他

フランス共和国
OECD加盟国中、労働生産性7位(2014年)と1980年代以降、平均年間労働時間を短縮しながらも上位を維持し、2010~2014年の平均実質労働生産性上昇率も1.2%と主要先進7カ国中1位と高い労働生産性を誇る。また雇用の多様化が進み、女性の就業率は80%を超え、女性の管理職比率も40%と高い。
訪問先候補:ルノー、LVMHグループ、エンジー、ネクサンス、フランス国鉄 他


日  程:
海外調査 8月31日(水)~9月10日(土)

地    名

現地時刻

内     容

8/31

(水)

大阪(東京)

 

午前

 

飛行機で移動

 

チューリッヒ

 

午後

チューリッヒ着

(チューリッヒ泊)

9/1

(木)

チューリッヒ

 

 

ローザンヌ

午前

午後

 

 

公式行事①

公式行事②

公式行事終了後、バスで移動

ローザヌ着

(ローザンヌ泊)

9/2

(金)

ローザンヌ

午前

午後

 

公式行事③

公式行事④

(ローザンヌ泊)

9/3

(土)

ローザンヌ

 

自由行動

(ローザンヌ泊)

9/4

(日)

ローザンヌ

ジュネーブ

午前

午後

バスで移動

飛行機で移動

ミュンヘン

午後

 

ミュンヘン着

(ミュンヘン泊)

9/5

(月)

ミュンヘン

午前

午後

 

公式行事⑤

公式行事⑥

(ミュンヘン泊)

9/6

(火)

ミュンヘン

 

 

午前

午後

 

公式行事⑦

公式行事⑧

公式行事終了後、飛行機で移動

パリ

 

パリ着

(パリ泊)

9/7

(水)

パリ

午前

午後

 

公式行事⑨

公式行事⑩

(パリ泊)

9/8

(木)

パリ

午前

午後

 

公式行事⑪

公式行事⑫

(パリ泊)

9/9

(金)

パリ

午前

 

飛行機で移動

(機中泊)

9/10

(土)

大阪(東京)

 午前

大阪(東京)着

※訪問先の変更等で訪問地、予定が変更になる場合があります。

・事前研修 ① 7月11日(月)      14:00~18:00(終了後、結団式)
      ② 7月28日(木)      10:00~18:00
      ③ 8月19日(金)      14:00~18:00(終了後、壮行会)

・事後研修   ①10月17日(月)      13:00~18:00
      ②11月21日(月)      10:00~18:00

・成果報告会    12月19日(月)      14:00~17:00(終了後、解団式)

 
印刷用ファイル 欧州生産性国際比較トップミッションご案内状.pdf (366 k)
備考 参加申込書に必要事項をご記入のうえ、下記のところまで郵送またはFAXにて7月5日(火)までにご送付ください。折り返し、事前研修会のご案内、ご請求書等をお送りします。
なお、お申込み後のキャンセルにつきましては、キャンセル料をいただく場合がございますのでご了承願います。 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 人材開発部
担当者: 坂東・川島
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る