KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

KPCマネジメントスクール2016「マーケティングコース」

自社事業をデザインし、自ら事業を起動させ、顧客創造(マーケティング)できる若手中核人材の育成

営業部門だけでなく、企画部門や管理部門でも顧客志向がしっかりと共有される現在の企業社会。しかしながら、業績に差が生まれるのはなぜか。
本コースでは、企業の成長は、自社の技術力、製品力、人材力、生産力、財務力を、顧客創造(マーケティング)に結びつけることで実現すると考えている。そして、企業がマーケティングの努力を欠かすことができないのは、顧客は変化するからである。顧客志向とは、単なる心構えの問題ではなく、事業の仕組みをいかにデザインするかの問題である。
この様な認識のもと、プログラム前半では、ビジネス界から招聘する多彩なゲスト講師から、マーケティングの理論体系を学ぶとともに、徹底して議論を繰り返すことを通して、理論体系を実務に活かす為のインサイトへ高める。後半には、注目度の高いマーケティング企業へのインタビュー調査(実地訪問)を軸とする参加型の課題研究プロジェクトに取り組み、日常業務の枠の中に閉ざされがちな視野を拡げると共に、実例と理論を踏まえて徹底的に考え抜くことで、自社が抱える課題を解決する道筋を見いだす。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 長期講座 
主な対象 ミドルマネージャー層(課長クラス) 
講座カテゴリー 人材育成・開発 
開催日・期間 2016年07月12日~2017年01月31日
開催場所 関西生産性本部 会議室 他 
開催場所URL http://www.kpcnet.or.jp/access/index.html
参加費 会員 648,000円 (消費税を含む)/1名
一般 777,600円 (消費税を含む)/1名

* 宿泊費・食費等は別途実費を頂戴いたします。
またグループ研究における調査費(交通費等)は含まれておりません。 
内容(スケジュール、運営方法、等)

【コース名】
KPCマネジメントスクール マーケティングコース

【実施要領】
・会期…2016年7月~2017年1月(合宿含む18日間、およびインタビュー調査)
・参加費…会員:648,000円 一般:777,600円(税込)/1名( 消費税込、食費・宿泊費・交通費別途実費要)
・対象…顧客創造(マーケティング)能力向上を目指すマネージャー、リーダー層の方
・定員…10~15名程度

【コーディネータ】
流通科学大学 流通科学研究所長  石井 淳蔵 氏
公益財団法人日本生産性本部 主任経営コンサルタント 太田 昌宏 氏
神戸大学大学院 経営学研究科教授 栗木 契 氏

【特徴】
1.コーディネータによる理論解説と招聘する成功企業のプロジェクト・リーダーからの実例講話を同日開催している。
基本理論と実務への適用方法をワンセットで体得できるプログラムとなっている。

2.課題研究プロジェクトでは、コーディネータによるグループ担任制を採用している。
参加者の個性や課題認識に応じたきめ細やかな対応が行き届き、適時に適切なフォロー・アドバイスを行っている。

3.本コースの参加者平均年齢は30歳代半ば。
「誰と学ぶか」も重要な要素となる長期研修で、各企業で選抜された次代を担う
「若手中核人材」が集い、相互に研鑽し合う場となっている。

【グループ研究テーマ・参考理論書・インタビュー調査実績】

研究テーマ 参考理論書  インタビュー調査企業
事業の潜在性を具体化する企業のマーケティング・プロセス
~Creator新しい市場創造者~
「ゲーム・チェンジャーの競争戦略 - ルール、相手、土俵を変える」
内田和成 編著 日本経済新聞社出版刊
㈱ジェイアイエヌ
㈱セブン&アイ・ホールディングス
成熟市場における顧客価値の再発掘
「マーケティング・リフレーミング- 視点が変わると価値が生まれる」
栗木 契 編著、 水越康介 編著、
吉田満梨 編著 有斐閣刊
九州旅客鉄道㈱
マツダ㈱
「受験サプリ」に学ぶ商品企画力
「超高収益商品開発ガイド」
高杉康成 著 日本経済新聞社刊
㈱リクルートマーケティングパートナーズ
自分事として変革を進めるために必要なこと
~自己変革成長企業を事例に~
「模倣の経営学~偉大なる会社はマネから生まれる~」
井上達彦 著 日経BP社刊
カルビー㈱
㈱ユー・エス・ジェイ


【2016年度の変更点】
より実務に活きるグループ研究を目指して、9 月に「自社の新規事業提案」個人発表を実践。
提案した新規事業を起動させ、顧客創造(マーケティング)していく為の障壁と方策について十分に検討を行い、
課題認識や方法論が近いメンバー同士でグループを編成し、研究テーマを設定する。
直近3年度に比べ拡大した研究期間を経て、1月にはその研究成果とともに、
自社と自分にとって何の意義があるのかについても発表を行う。

 
印刷用ファイル マーケティングコース詳細概要【20160401】.pdf (955 k)
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 人材開発部
担当者: 井上・川島
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る