KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

労使政策研究会

~強い経済の実現に向けた労使の課題を考える~

今、日本の労使関係は大きな転機を迎えている。安倍内閣も第3次となり、第2ステージに向かおうとしているアベノミクスにおいては、多様な働き方の実現が、強い経済の実現に向けた政策の重要な柱として位置づけられている。とりわけ女性の活躍支援においては、女性活躍推進法の成立など、法律による後ろ支えにより、個別労使の取り組みが求められている。その一方で、経営のグローバル化に対応した人事制度や、グローバルな視点を持った次世代リーダーの育成、真の意味でのダイバーシティ経営の推進など、変化し続ける経済環境の中で、長期的かつ持続的な人事戦略をいかに構築するかが、労使の喫緊の課題となりつつある。
今年度の労使政策研究会では、国の労働政策や雇用システムの方向性を俯瞰しつつ、今まさに企業が直面している課題を、短期・長期の視点で見つめ直すことで、労使関係の新たな方向性を考える契機としたい。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 研究会 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、三役クラス、執行委員クラス 
講座カテゴリー 労使関係 
開催日・期間 2015年12月22日~2016年08月31日
開催時間 14:00〜17:00 
開催場所 ガーデンシティクラブ大阪 他 大阪市内会議室 
開催場所URL http://www.gcco.jp/access/
参加費 生産性本部 会員(1名様):129,600円 (消費税含む)
一    般  (1名様):162,000円 (消費税含む) 
内容(スケジュール、運営方法、等)

【研究会の特色】
・各例会とも、一方的に講演を聴くのではなく、講師を交えて、参加者によるディスカッションを行い、テーマに関する理解を深めると共に、あるべき方向性を検討します。
・例会にご欠席で、ご希望の方には、講演を録音したCD-ROMを提供させて頂きます。
(講師の承諾が得られない場合はご容赦願います)
・例会の配付資料は、PDF形式(印刷のみ可能)にて、例会終了後に別途送付致します。

【開催期間】2015年12月 ~ 2016年8月 (全8回)

【例会予定】
≪第1回例会≫ (マクロ経済動向)

と  き:2015年12月22日(火)14:00~17:00 於:ガーデンシティクラブ大阪

テ ー マ:「アベノミクスにおける雇用制度改革の行方」

講  師:第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト              永 濱 利 廣 氏

「強い経済」、「子育て支援」、「社会保障」を新三本の矢とするアベノミクス第二ステージにおいて、とりわけ個別企業における多様な働き方の実現や女性の活躍推進は、どのように進めていくべきなのか、政策の方向性とマクロ経済の動向を俯瞰した上で、労使に求められる役割について、日本を代表するエコノミストである第一生命経済研究所の永濱氏よりご解説を頂いた上で、参加者による議論を深めたい。

≪第2回例会≫ (労使関係に関する課題)

と   き:2016年1月8日(金)14:00~17:00     於:ガーデンシティクラブ大阪

テ ー マ:「2016春闘の展望」(対談形式)

講  師:連合 総合労働局長                                                        須 田   孝 氏

聞 き 手:一橋大学 経済研究所 教授                                             都 留   康 氏

「官製春闘」と言われ、政治主導で賃上げが求められた2014年春闘以降、あらためて春闘が注目を浴びつつある。その一方、アベノミクス第二ステージでは、多様な働き方の実現や働き方改革を通じた雇用の拡大による家計収入の押し上げと消費の拡大が目指されている。そうした中、あらためて2016年春闘の方向性について、連合の方針を伺うと共に、労働経済の立場から一橋大学の都留先生との対談を通じて、あらためて2016年春闘のあり方を労使で考える場としたい。

≪第3回例会≫ (ダイバーシティ・マネジメント)

と    き:2016年2月19日(金)14:00~17:00   於:ガーデンシティクラブ大阪

テ ー マ:「真のダイバーシティ・マネジメントとは」~いかに生産性向上につなげるか~

講  師:アパショナータ代表                       パク・スックチャ氏

現在、政策主導による“子育て支援”や“女性活躍支援”が推進されているが、それらが本当の意味で定着するためには、支援の推進によって企業の生産性を向上することが不可欠である。この例会では、いかにダイバーシティ・マネジメントを推進し、そのために労使は、何を検討して、何をなすべきかについて、ダイバーシティ・マネジメントに関する日本における第一人者でもあるパク氏をお招きして、議論を行いたい。

≪第4回例会≫ (雇用をめぐる課題①)

と   き:2016年3月23日(水)14:00~17:00           於:ガーデンシティクラブ大阪

テ ー マ:「進展する国際的労働関係への対応」~国際的な労働トラブルを起こさないためには~

講  師:神戸学院大学 法学部教授                                          表 田 充 生 氏

経営のグローバル化にともない、国際的な労働関係は増加していく傾向にあるが、それと同時に、労働関係におけるトラブルについても、リスク管理を行っておく必要がある。この例会では、国際的な労働関係に関する基本的な知識を確認した上で、日本に於ける労働法との違いや、今後の規制緩和の方向性などを説明頂き、労使で準備対応しておくべき事を整理する場としたい。

≪第5回例会≫ (職業能力開発)

と   き:2016年5月19日(木)14:00~17:00           於:ガーデンシティクラブ大阪

テ ー マ:「これからのタレントマネジメント」~これからの“人材獲得競争”を生き抜くには~

講  師:神戸大学大学院 経営学研究科 教授                                 平 野 光 俊 氏

ゲ ス ト:コクヨ株式会社 経営管理本部 人事総務部 統括部長  口 村   圭 氏

昨今の変化の激しいビジネス環境においては、組織を束ねるリーダーの役割が、より重要となっているが、リーダーを計画的に輩出し、育成確保していくことが、人事の大きな役割でもある。しかしながら、長期的な視野に立つと、国内における労働人口の減少や、雇用の流動化により、より優秀な人材を確保することが困難な時代になることも予想される。この例会では、「人材獲得競争」という観点から、タレントマネジメントのあり方について考え、組織に於ける人材戦略のあり方について、考える契機としたい。

≪第6回例会≫ (雇用をめぐる課題②)

と   き:2016年6月6日(月)14:00~17:00           於:ガーデンシティクラブ大阪

テ ー マ:「これからの働き方」~10年後のホワイトカラーの働き方を考える~

講  師:兵庫県立大学 経営学部 准教授        加 納 郁 也 氏

ゲ ス ト:サイボウズ株式会社 執行役員事業支援本部長   中 根 弓 佳 氏

「働き方改革」の論点の一つとして、しばしば“ホワイトカラーの労働生産性向上”が話題となるが、一方で、その根拠は主観的、かつ曖昧な事も多い。この例会では、「10年後のホワイトカラーの働き方」をテーマに、様々な視点で「これからの働き方」について考え、描き出すことで、今後の労使関係のあり方、人材マネジメントのあり方について、考える契機としたい。

≪第7回例会≫(労働政策)

と   き:2016年7月26日(火)14:00~17:00           於:ガーデンシティクラブ大阪

テ ー マ:「大阪労働局による働き方改革推進」

講  師:大阪労働局 雇用環境・均等部長             四 方 智 美 氏

アベノミクスにより求められる「働き方改革」のうち、とりわけ「長時間労働削減」については、都道府県の労働局ごとに「働き方改革推進本部」が設置され、労働局長をはじめとする幹部から直接、企業経営者への働きかけがなされている。この例会では、労働政策の方向性について、ご解説頂いた上で、大阪労働局としての取り組みについて説明頂くと共に、労使との意見交換を行い、あるべき「働き方改革」の方向性について確認する場としたい。

≪第8回例会≫(経営と人事)

と   き:2016年8月22日(月)14:00~17:00           於:ガーデンシティクラブ大阪

テ ー マ:「日本の人事部への期待」 ~外資系企業から見た労使関係のあるべき姿とは~

講  師:バイエルホールディング株式会社 常務執行役員 人事本部長   宮 田 裕 子 氏

最終例会では、日本バイエルの人事代表である宮田氏をお招きし、長年外資系企業において人事担当役員をつとめられてきたご経験を踏まえ、日本企業の「人事部門」や、労使関係への期待についてお話し頂くと共に、参加者による議論により、今後の労使関係のあるべき姿について、議論したい。

 

※各例会とも、1時間半程度、講師よりご講演を頂いた後、参加者によるディスカッションを行い、テーマに関する理解を深めると共に、あるべき方向性を検討します。

 
 
備考 下記の申込フォームに必要事項をご入力の上、12月18日(金)までにお申込みください。
折り返し、第1回の例会ご案内及び本研究会の参加費請求書をご送付申し上げます。 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 人材開発部
担当者: 堀越・川島
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る