KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

ロジスティクス研究会 2015年度【期中募集】

物流が拓く~勝つためのロジスティクスビジネス~

物流戦略、物流品質、人材育成、物流BCP、共同物流など、ロジスティクス業務に携わる方々にとって関心のあるキーワードをベースに、各企業のベストプラクティスを紹介するとともに、現場視察を通じて、さらに見識を深めていただくための月例勉強会です。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 研究会 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、リーダー層(主任・係長クラス) 
講座カテゴリー 経営革新 
開催日・期間 2015年10月08日~2016年03月31日
開催場所 関西生産性本部 会議室(=大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階) 他 
参加費 《第7回から第10回までの参加費》
生産性本部賛助会員  1名につき  34,560円(消費税8%含む)
日本包装技術協会会員 1名につき  34,560円(消費税8%含む)
一   般 1名につき 43,200円(消費税8%含む)
※ 賛助会員に関する詳細は、担当の多林・西村(℡06-6444-6464)までお問い合わせ下さい。 
内容(スケジュール、運営方法、等)

≪第7回例会≫

と き: 10月8日(木)15:00~17:00(質疑応答含む)

ところ: 関西生産性本部 会議室(=大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階)

テーマ: 「競争力をつけるためのロジスティクス改革」

講 師: YKK AP㈱ 生産本部ロジスティクス推進部部長   岩 﨑   稔 氏

1957年創業のアルミ建材メーカーの当社では、国内25ヶ所に生産拠点を構え、主要な拠点には物流センターを併設、生産と出荷の両面でサプライチェーンを支えている。今回は、ロジスティクス部で取組んでいる物流改善をご紹介いただくとともに、調達・生産・販売などと関連する業務を、同部がマネージして、全体最適の視点によって効率性の高いサプライチェーンを構築するための人材をいかに育てるか等についても解説いただく。

 

 

≪第8回例会:見学会≫ ※見学をお受けできないお会社については、ご連絡申し上げます。

と き: 11月12日(木)10:00~16:00(移動時間含む)

見学先:㈱良品計画 神戸センター ㈱ロジパルエクスプレス 神戸営業所 日本トイザらス㈱ 神戸物流センター

 

㈱良品計画 神戸センターは、大阪府内に分散していた在庫・発送業務を一元管理すべく、神戸ポートアイランドに大規模な物流センターを稼働させている。無線端末による迅速かつ的確な在庫管理システムの構築や、店舗別・方面別に自動で仕分ける高速ソーター、自動積み付けシステムなど、徹底した自動化と省力化を図るとともに、庫内作業の効率アップ・出荷精度の向上に注力している。また中国や欧米25ケ国、約300店舗への輸出拠点としても位置付けられている。
 ㈱ロジパルエクスプレス 神戸営業所は、メーカーの玩具物流を担い、自社配送ネットワークを活用して、愛知県から九州・沖縄までをカバーしている。自社倉庫から出荷される荷物は、自社車両を積極的に活用し、入荷→出荷→納品先へ届け切るまで、高品質を目指している(日本トイザらス㈱神戸物流センター内に所在)。
 日本トイザらス㈱ 神戸物流センターは、自動倉庫・トランスライナー・シューソーター等のマテハンを導入し、入庫から出庫までの一連の作業をシステム化することにより、高品質かつ高効率を実現。西日本エリアにある65店舗へ、計画的な配送を行っている。
 

 

 

≪第9回例会≫

と き: 11月27日(金)15:00~17:00(質疑応答含む)

ところ: 関西生産性本部 会議室(=大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階)

テーマ: 「共同輸配送促進に向けたマッチングの仕組み作り」(仮題)

講 師: 国土交通省 総合政策局物流政策課企画室

輸送効率の向上、環境負荷低減、ドライバー不足の課題があるなか、化粧品や食品など各業界で共同配送の取組みが段階的に進められている。共同配送は、CO2の削減やトータル物流コストの削減、効率的で安定した物流力の確保につながる一方、企業同士の情報共有が必須となり課題もある。今回は「共同輸配送促進に向けたマッチングの仕組みに関する検討会」の概要および展開を解説いただくとともに、環境負荷低減としてモーダルシフトの事例も紹介いただく。

 

 

 

≪第10回例会≫

と き: 12月7日(月)15:00~17:00(質疑応答含む)

ところ: 関西生産性本部 会議室(=大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階)

テーマ: 「これからのマテハン技術の可能性について」(仮題)

講 師: GROUND㈱ 代表取締役社長                         宮 田 啓 友 氏

これまでの生産や販売を陰ながら支えてきた物流機能は、Eコマースの台頭により、今や企業の競争優位を左右する主役的存在になりつつある。送料無料や即日配送が消費者にとって一般的なサービスとなり、製品ライフサイクルの短縮化が進む中で、庫内運営の効率化を促すマテハンのあり方も、抜本的な見直しが求められる。今回は、講演者自身が世界各地の現場で触れてきた海外の先進事例を交えながら、GROUND Inc.が提供する最新型機器の特長と問題解決策について解説いただく。

 

※日程・テーマ・講師などは事情により、やむを得ず変更になる場合がございます。

 


第1回例会から第6回例会の例会内容(開催は終了しております)
 

≪第1回例会≫

と き: 5月22日(金)15:00~17:00(質疑応答含む)

ところ: 関西生産性本部 会議室(=大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階)

テーマ: 「勝つための物流力向上~メーカーサプライチェーンを支えるカギ~」

講 師: Kein物流改善研究所 代表   仙 石 惠 一 氏

私たちロジスティクスに携わる者は輸送・保管・荷役・包装・流通加工といった物流5機能だけにとらわれてはならない。それは物流という「点」を管理するにすぎないからである。これからはさらに視野を広げ、ものづくりや在庫などを含めた「面」をマネジメントできる人財が求められる。サプライチェーンとは何か、その最適化と進化のカギは何か。今回は、メーカーサプライチェーンのスペシャリストに勝つための物流力向上について解説いただく。

 

≪第2回例会:見学および講演≫※見学をお受けできないお会社については、ご連絡申し上げます。

と き: 6月8日(月)13:30~17:00

見学先: 大和物流㈱ 大阪南港物流センター(=大阪市西成区南津守2-1-95)

大和ハウス工業㈱では、企業の物流戦略に合わせて事業参画し、製品特徴に合わせた物流施設を提供することができる。企業にとって、納品リードタイムの短縮や物流コストの改善、災害時における荷物の安全性を高める物流施設や維持管理、保管や輸配送などの物流サービスと運用コストの削減は、経営に直結する重要課題である。今回は2013年9月に開設した大阪南物流センター(入居率100%)を見学させていただき「物流施設開発およびその展開方針」と題して、大和ハウス工業㈱ 常務執行役員建築事業推進部長 浦川 竜哉氏より、企業のニーズに合わせて物流不動産ソリューションを展開しているDプロジェクトについて紹介いただく。

 

≪第3回例会:見学および講演≫※見学をお受けできないお会社については、ご連絡申し上げます。

と き: 6月24日(水)14:00~16:30

見学先: ㈱エフピコ関西ピッキングセンター(=神戸市北区鹿の子台南町5-2-7)

㈱エフピコは、スーパーマーケットなどで販売される弁当や総菜などの食品容器、食品トレーのトップメーカーである。開発に注力し年間1,500種以上の新製品を市場におくり続けている。SCMにおいては、販売計画をベースに消費地での生産比率を高め、生産、在庫、物流など全体最適を追求している。また使用された製品をスーパーマーケットの店頭から回収し、トレーとして再生する唯一の環境型企業でもある。物流では問屋への物流だけでなく、ユーザーである小売店舗まで小分けピッキングした物流も手掛けている。
今回は2013年10月に開設した関西ピッキングセンターを見学させていただき、エフピコ物流㈱ 代表取締役社長 小泉 哲氏より「㈱エフピコの物流戦略と食品容器BtoB戦略」について解説いただく。

 

≪第4回例会≫

と き: 7月29日(水)15:00~17:00(質疑応答含む)

ところ: 関西生産性本部 会議室(=大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階)

テーマ: 「物流BCP~震災経験から事業リスクを洗い出す~」

講 師: あすか製薬㈱   足 立 秀 一 氏

東日本大震災後、川上の見える化、製造拠点の分散化、物流業者との連携強化など、BCPの策定あるいはブラッシュアップが急務となった。今回は、施設の損壊、原発事故、物資・燃料不足、余震という状況で製品の生産・出荷を維持し、医薬品メーカーとしての社会的責任を守り抜き、震災経験をベースにBCPを追求した取組みについて解説いただく。

 

≪第5回例会≫

と き: 8月28日(金)15:00~17:00(質疑応答含む)

ところ: 関西生産性本部 会議室(=大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階)

テーマ: 「オムニチャネル時代に対応したロジスティクス戦略」

講 師: ㈱良品計画 WEB事業部長   奥 谷 孝 司 氏

ネット通販と実店舗を往来する消費者が増えるオムニチャネル時代が到来するなか、変化する消費動向にどう対応すればいいのか。今回は、商品企画から生産、販売までをカバーする製造小売業のなかで快進撃を続ける生活雑貨店「無印良品」の掲げる“顧客時間の重要性”を解説いただくとともに、オムニチャネル化がもたらす物流サービスの取組みについて解説いただく。

 

≪第6回例会≫

と き: 9月11日(金)15:00~17:00(質疑応答含む)

ところ: 関西生産性本部 会議室(=大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階)

テーマ: 「日産自動車における物流技術の革新」

講 師: 日産自動車㈱ SCM本部副本部長   安 藤 康 行 氏

当社の基本テーマである“運ばない物流”に近づくためには、運ぶ距離の短縮や、運ぶ量の削減が中核となる。そのためにはサプライヤーの場所や梱包仕様の変更など、移動距離や部品の容積などを物流部だけでなく、設計段階から考慮することが求められる。今回は、これまで取組んできた改革プロセスとともに、人材育成の重要性について解説いただく。

 

 
印刷用ファイル 2015ロジスティクス研究会案内状(全例会).pdf (347 k)
備考 パンフレットの申し込み欄に必要事項をご記入のうえFAXにてお申し込み下さい。
下記申し込みフォームからもお申込みいただけます。
申込受付後、次回例会の詳細と請求書をお送り申し上げます。

《参加対象》
製造業・流通業・物流業の担当者および責任者

《運営方法》
① 講演および質疑応答形式で、1例会2時間を原則として開催します。
② 年間10回の月例会方式で、内見学会を2回開催します。
③ ご登録者が欠席の場合、代理の方が出席できます。(※追加ご参加の場合は有料)
④ 例会終了後、講師と名刺交換をしていただけます。
⑤ 例会にご欠席された場合、ご希望の方には当日の資料をお送りします。
 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 経営革新部
担当者: 多林・西村
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る