KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

健康経営&メンタルヘルス研究会(2022年度)

「ウェルビーングによる組織力強化」

 当本部では2008年度より「メンタルヘルス研究会」を主宰し、復職支援の問題やリスク管理、予防的取り組みや、安全配慮義務対応、そしてストレスチェック制度の実施など、これまで様々なテーマを取り上げて参りました。また近年では、メンタルヘルスの課題を経営課題として捉え、「健康経営」の視点からも様々な取り組みが行われています。
 本年度の当研究会では、「ウェルビーイングによる組織力強化」をテーマといたします。コロナ禍やリモートワークは多大な影響を与えていますが、その中で従業員が「ウェルビーイング(=継続して幸せな状態にあること)」になるためには、どのような組織づくりをすべきなのか。コロナ禍での組織の在り方、組織人材の幸せの在り方について学習・議論する場をつくることで、個人も組織も元気になる組織を実現するための活動のあり方を目指します。是非、多くの方にご参加頂きたく、宜しくお願い申し上げます。(※「健康経営®」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。)
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 研究会 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス)、リーダー層(主任・係長クラス)、三役クラス、執行委員クラス、職場委員クラス 
講座カテゴリー 労使関係 
開催日・期間 2022年06月24日~2023年02月02日
開催時間 14:00~17:00 他(例会によって異なります) 
開催場所 会場参加とオンライン参加の選択式
・会場(大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階) 他
・オンライン(Zoom使用予定)
※ただし、新型コロナウイルス感染拡大の状況により、開催を延期・中止、もしくは
オンラインでの開催とする場合があります。 
参加費 生産性本部賛助会員   1名参加:¥93,500-   2名参加:¥126,500- (10%税込)
一       般   1名参加:¥126,500-  2名参加:¥159,500- (10%税込)
※生産性本部賛助会員とは全国の生産性本部に入会している組織をさします。

研究会の内容を職場での実践につなげるため、複数名での参加やペア参加を歓迎します。
(2人目以降は、参加費を年間33,000円に設定しています。)
<想定されるペア>
メンタルヘルスに関する責任者と担当者 ・ 人事と労働組合 ・ 人事と産業保健スタッフ
本社人事と事業場人事 など。  (組織の実状にあわせて、ペアをご検討下さい。) 
内容(スケジュール、運営方法、等)

 

≪第1回例会≫ 6月24日(金) 14:00~17:00

【事例紹介】「富士通のストレスチェック活用の歴史と最新の取り組み事例」
富士通株式会社 健康推進本部 健康事業推進統括部 統括産業医  佐藤 裕司 氏
 

2007年よりストレスチェックを取り入れた富士通は、早期から調査データの活用に取り組み、受診者のセルフケア推進や職場の健康リスク状態の可視化に努めてきた。また、管理職には年5~6回説明会を開き、個別に要望があれば職場での活用方法を説明するなど、組織的なメンタルヘルス対策を行っている。本例会では、同社の健康推進本部 統括産業医の佐藤氏にお越し頂き、同社が取り組んできたストレスチェック活用のノウハウと最新の取り組み事例についてお伺いする。


≪第2回例会≫ 7月20日(水) 14:00~17:00

【事例紹介】「元気な職場をつくるデータドリブンな健康経営」
一般社団法人 社会的健康戦略研究所 代表理事  浅野 健一郎 氏

「社会的健康戦略研究所」は、人生のライフステージに合わせ、WHOの定義する“健康”の実現のため、社会的健康度の改善、持続可能な共生社会実現を目指し研究を行う組織である。その中で同研究所代表理事の浅野氏はデータの活用を重要視しており、かつては1ヵ月で100万件にも上る健康データを回収・分析し、事業所ごとの課題に合わせて個別に企画を行った。本例会では、同氏にお越し頂き、データ分析や評価の方法など、データドリブンな健康経営を進めるポイントについてお伺いする。


≪第3回例会≫ 9月15日 13:30~17:00

【合同例会】「個人と組織の活性化を目指す健康いきいき職場づくりの実践」

同志社大学 政策学部 教授 久保 真人 氏
株式会社トリードールホールディングス 総務部長  小野 正誉 氏
ワコール健康保険組合 健康開発チーム課長・保健師  須山 有輝子 氏
 

第3回例会は、健康いきいき職場づくりフォーラムとの合同例会になります。「コロナ禍に負けずいきいき働く為に ~新しいストレス症状とエンゲージメント~」の観点から職場の一体感やワークエンゲイジメントを高める『健康いきいき職場づくり』について、先進的な企業によるの事例紹介や、講師を交えた議論を通じて理解を深めます。

〈健康いきいき職場づくりフォーラムとは〉
「健康いきいき職場づくり」の概念と具体的方策を国内に広く普及し、働く人の心身の健康増進と企業の生産性向上を支援することを目的に、日本生産性本部と東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野とが協同して設立したフォーラムです。


≪第4回例会≫ 10月11日(火) 14:00~17:00

【講義形式】「心理的安全性の高め方」~心理 的安全性と「学習」と「パフォーマンス」の関係~
東京大学大学院 医学系研究科 精神保健学分野 客員研究員  関屋 裕希 氏
 

コロナ禍やリモートワークによる大きな社会変化により、メンタルヘルス不調や仕事のパフォーマンス低下などの問題を抱える人は少なくない。その対策として注目されているのが「心理的安全性」であり、上手くいかないときに周囲に話す環境があることで、ネガティブな感情を克服しチャレンジングン職場づくりにつながる。本例会では、東京大学大学院客員研究員の関屋氏にお越し頂き、心理的安全性がもたらす効果と組織力の高め方についてお伺いする。


≪第5回例会≫ 11月24日(木) 14:00~17:00 ※オンライン開催

【事例紹介】「健康増進に向けて楽しく自発的に取り組める仕掛けづくり」
ロート製薬株式会社 人事総務部 健康経営推進Gリーダー 圓尾 奈緒美 氏
 

ロート製薬は2019年より社内通貨制度「ARUCO」(アルコ)を導入した。「従業員の健康増進」を目的として、日々の歩数や運動、非喫煙といった健康的な生活習慣の実施状況に応じてコインを付与し、同社が運営するレストラン・カフェやEC サイトなどでの利用や、特別休暇取得にも使えるという制度である。本例会では、同社健康経営推進Gリーダーの圓尾氏にお越し頂き、社内通貨導入の背景やその効果についてお伺いする。


≪第6回例会≫ 12月14日(水) 14:00~17:00

【事例紹介】「グループ全体での健康維持増進の取組み強化に向けた組織づくり」
株式会社ダイセル 事業支援本部 Gr健康サポートセンター 所長  西村 恒治 氏
 

ダイセルはグループ社員一人ひとりの自律的かつ積極的な健康づくりを支援している。個々の生活の充実と会社の継続的発展の両立を実現するため、健康維持増進の各施策の効果を測るKPIを設定し、中期目標と4つの観点からなる取組み強化案を策定した。また、組織体制の強化として、「グループ健康サポートセンター」を設立し、グループ全体での健康経営の取組みをスタートしている。本例会では、同社の事業支援本部 Gr健康サポートセンター所長である西村氏にお越し頂き、グループ全体での健康維持増進の取組み強化に向けた組織づくりについてお伺いする。


≪第7回例会≫ 1月10日(火) 14:00~17:00

【解説と体験】「ミズノの健康経営 社内外の取り組みと、ビジネスパーソンのスポーツ習慣づくり」
ミズノ株式会社 グローバル人事総務部 健康エキスパートアドバイザー  芦野 晃央 氏
 

ミズノは健康経営への取り組みが評価され、5年連続ホワイト500に認定されている。その要因が、社内でのスポーツの奨励を中心とした取り組みであり、またその取り組みの一部は「プログラム・講習会」として企業・自治体に向けて提供するサービスとなっている。本例会では、同社が展開するサービスで日常生活の中で行える 「ながら運動」を実際に体験頂きながら、サービスの狙いや提供に至った背景についてお伺いする。


≪第8回例会≫ 2月2日(木) 14:00~17:00

【解説と体験】「管理栄養士が教えるWITHコロナ時代の『食』の在り方」
株式会社ドクタートラスト 管理栄養士  片桐 芽衣 氏
 

コロナ禍による在宅ワークは「食」の在り方を大きく変えた。栄養バランスのいい食事を自炊して三食しっかり摂る人がいる一方、「食の選択肢が少なくなり栄養が偏ってしまう」「運動不足によるカロリー過多に陥る」等、「食」が疎かになる人も出てきており、二極化が進んでいる。本例会では、株式会社ドクタートラストの片桐氏にお越し頂き、WITHコロナ時代における、高いパフォーマンスを発揮するための正しい食生活についてお伺いする。


※都合により例会内容(テーマ・講師・日程・開催方法)を変更する場合があります。

 
印刷用ファイル 健康経営&メンタルヘルス研究会案内状 2022.pdf (770 k)
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 経営革新部
担当者: 小松、安丸
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
お申込みはこちら
ページの先頭に戻る