KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

2020年度 ロジスティクス研究会

コロナ危機を乗り越える!
~物流改革で挑む新たなステージへの挑戦~

コロナ禍で未曽有の危機ではありますが、ECの利用増加や必需品の生産など、物流が果たす役割が増す一方で、物流を止めないための知恵と工夫が各所で実践されています。またコロナ対応に止まらず、今後に備えて各種機器を導入した物流業務の効率化や、SCMの見直しなど、物流を取り巻く環境は大きな転換期を迎えつつあります。
このような転換期の中で、物流戦略、自働化、SCM、人材育成、など、企業内でのロジスティクス業務に携わる方々にとって関心のあるキーワードをベースに、各企業のベストプラクティスや最新事情を紹介するともに、現場視察や参加者の意見交換も交えながら、他業種の視点も学ぶとともに、アフターコロナを見据えて各組織が物流を止めないために、今取組むべきこと、そして今後チャレンジすべきことを検討いたします。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 研究会 
主な対象 リーダー層(主任・係長クラス) 
講座カテゴリー 経営革新 
開催日・期間 2020年09月25日~2021年03月30日
開催場所 関西生産性本部 会議室他 見学場所など 
参加費 生産性本部賛助会員 79,200円(10%税込)
IE協会会員     79,200円(10%税込)
一   般      99,000円(10%税込)
 
内容(スケジュール、運営方法、等)

本研究会につきましては、当面の間、講演会はオンラインと会場聴講の併用で例会を開催し、webを通じて参加できるような仕組みとします(但し見学会は除く)。各例会への参加方法や資料提供方法につきましては、例会の都度、ご案内いたします。

*「ZOOM」を使用予定

≪第1回例会:見学会≫
と き: 2020年 9月25日(金)14:00~16:00
見学先: トヨタL&Fカスタマーズセンター大阪 (大阪市吹田市)
 
 2018年6月にオープンした同施設では、トヨタL&Fが培ってきた物流ノウハウに、豊富な商品ラインナップを組み合わせ、実際の物流ソリューションを体感いただくことを可能にしている。完全自動化した大規模な物流センターの現場再現、変種変量に強いフレキシブルな生産ライン・構内物流の現場再現など、業種別の物流課題を捉えた展示機器の案内やトヨタ生産物流方式に基づいた改善の基礎、4S手法を紹介頂く。
 
※見学をお受けできない企業は別途ご連絡申し上げます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
≪第2回例会:講演会≫
と き: 2020年10月14日(水)15:00~17:00(質疑応答含む)
ところ: 関西生産性本部 会議室
テーマ: 「ドローン物流の現状と今後の可能性について」
講 師: 東京海洋大学 流通情報工学部門 教授 兵藤 哲朗 氏
 
 ここ数年、ドローンの認知が高まるともに、物流現場での将来的な応用に対する期待が高まり、ラストワンマイル問題の解決策の一つとしても注目されている。国土交通省は「過疎地域等におけるドローン物流ビジネスモデル検討会」を設置して2018年から2019年1月にかけて、日本郵便他の民間事業者も交えた配送実験が行った。検討会の構成員であった兵頭氏から、これまでの実験事例とともに、現在のドローンの物流への応用の可能性や限界についてもお話頂き、その可能性を考える。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
≪第3回例会 講演/参加者による意見交換
と き: 2020年 11月9日(月)14:00~17:30 ※通常と時間が異なります。
ところ: 関西生産性本部 会議室
テーマ: 「コロナ第2・3波に備えよ、物流現場で対策を立てるべき視点とは」
講 師: Office MIMURA/中小企業診断士 三村 光昭 氏
 
コロナ禍においてあらゆる業種においては物流の重要性は増すばかりのみならず、一部ではサプライチェーン全体の再考をも迫られている。この困難を乗り越えるに当っては、一組織の取り組みに留まらず、多くの組織とあらゆる視点を検討して、協同し新たな体制を検討することも必要性もある。今回は新型コロナが物流に与えた課題とともに、各組織での取組みの意見交換も交えながら、コロナ第2・3波への対応等も含めて考える。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
≪第4回例会:講演会≫
と き: 2020年 11月17日(火)15:00~17:00(質疑応答含む)
ところ: 関西生産性本部 会議室
テーマ: 「コンテナラウンドユースの取り組みと次世代物流への挑戦(仮題)」
講 師: ケービーエスクボタ㈱ 海外物流部長 武山 義知 氏
 
総合機械メーカー「クボタ」のグループ会社である同社は、クボタグループの物流のマネジメントを担う。海外への製品や部品の輸出入が多いため、コンテナ数は関東、関西にて年間35,000コンテナを扱う。通常のコンテナ輸送において片道は空荷物での運用が多いが、他の製品を積み込むコンテナラウンドユースを業界で先駆けて行い、環境へ配慮した取り組みとして評価されている。また、国内での輸送ではトラックドライバ-不足の課題に対しても夜間や日中の輸送方法の改善に取組む。今回はこれらの取り組みをお話頂く。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
≪第5回例会 :講演会≫
と き: 2020年 12月3日(木)15:00~17:00(質疑応答含む)
ところ: 関西生産性本部 会議室
テーマ: 「共同物流の成果とコロナ時代における物流維持の取組みについて(仮題)
講 師: 味の素㈱ 上席理事 食品事業本部 物流企画部長 堀尾 仁 
 
20194月、味の素、カゴメ、ハウス食品グループ、日清オイリオグループ、日清フーズの食品大手5社が全国規模の物流会社、F-LINEを発足させた。工場から拠点への共同配送や、配送拠点から顧客企業までの物流も共同行い、深刻化するドライバー不足などの物流諸課題に対応する。2016年度の本研究会で、F-LINEプロジェクトについての動きや構想をお話いただいた堀尾様より、講演後の取り組みや共同物流会社が発足して1年の成果や課題をお話頂く。またこのコロナ禍において、食品物流を止めないための取組み等についてもお話頂く。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

第6・7・8回例会 は現在依頼中 ※2021年3月までの間で調整予定

※上記の例会は決定次第、決定次第、研究の参加者の皆様には当方よりお知らせするとともに、

随時当ホームページにも掲載いたします。

※新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、見学先の受入が困難となった場合は、見学会を中止し、別日で講演会へ変更させて頂く予定です。

※講演会とグループワークはオンラインでの参加は可能です。(見学会はZoom参加での対応はいたしかねます)

※日程・テーマ・講師・内容などは事情により、やむを得ず変更になる場合がございます。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【 2019年度「ロジスティクス研究会」参加企業  (組織名 五十音順)】  
IDECロジスティクスサービス㈱ アイロップ㈱ ㈱アサヒL&C 江崎グリコ㈱ 
㈱カネカ キヤノンITソリューションズ㈱ ケイミュー㈱ ㈱合通 鴻池運輸㈱
サカタウエアハウス㈱ サントリーMONODUKURIエキスパート㈱ サントリーロジスティクス㈱
シスメックス㈱ ㈱昭和丸筒 ㈱新学社 摂津倉庫㈱ ダイキン工業㈱ 日触物流㈱
日本通運㈱ 日本トランスシティ㈱ ネスレ日本㈱ 白鶴酒造㈱ ㈱ヒガシトゥエンティワン
日の出物流システム㈱ 不二製油㈱ ミズノ㈱ 山村倉庫㈱ レンゴー㈱ レンゴーロジスティクス㈱ 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
印刷用ファイル 2020案内状.pdf (528 k)
備考 下記、申し込みフォームからお申込み下さい。
申込受付後、例会のご案内と請求書をお送り申し上げます。
(FAXでのお申込みも可能でございます。上記案内状の参加申込書欄に必要事項をご記入いただき、ご送信下さい。) 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 事業部
担当者: 揚倉(アゲクラ)・福本
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る