KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

経営研究会(2019年度)

ゲームチェンジ時代の経営を考える

経営研究会は昭和32年(1957年)に設置されて以降、半世紀以上にわたって、経営幹部、経営企画部門の責任者やスタッフを対象に、優れた企業事例や経営理論を紹介し続ける歴史ある勉強会です。
本年度の経営研究会では、異業種や外部研究機関などと進める「オープンイノベーション」や、近年注目を集めている「DX(Digital transformation:企業のデジタル化)」、「CSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)」などのテーマについて実務に精通された方や専門家をお招きして実施して参ります。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 研究会 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス) 
講座カテゴリー 経営革新 
開催日・期間 2019年09月12日~2020年01月31日
開催時間 15:00~17:00 
開催場所 中之島インテス、または中之島センタービル、見学先 
参加費 生産性本部賛助会員(1名様): 86,400円(消費税8%含む) 
一般(1名様):108,000円(消費税8%含む) 
内容(スケジュール、運営方法、等)
≪第1回例会≫                            
と き:6月19日(水)15:00~17:00
テーマ:「近未来デザインの創出に挑むオムロン サイニックエックス」
講 師:オムロン サイニックエックス株式会社 代表取締役社長 兼 所長 諏訪 正樹 氏
聴きどころ:
オムロン㈱は、新規事業創出の一環として2018年にオムロン サイニックエックス㈱を設立している。同社は、オムロンの創業者である立石一真氏が提唱した未来の社会予想であるSINIC(サイニック)理論をベースに、社会的課題の解決に向けた技術革新起点の近未来をデザインする”出島”機能であり、大学や社外研究機関とのオープンイノベーションを推進している。本例会では、同社社長で長年オムロンでの画像センシング技術開発に携わってきた諏訪氏にご講演頂く。
 
≪第2回例会≫
と き:7月5日(金) 15:00~17:00
テーマ:「AGCグループにおけるデータ利活用の実際」
講 師:AGC株式会社 経営企画本部 スマートAGC推進グループ マネージャー 小野 義之 氏
聴きどころ:
AGC㈱ではグループ全体でのデジタル化を推進しており、その活動の中心を担っているのが、経営企画本部 スマートAGC推進グループである。同グループではさまざまな部署の課題発見、更にはデータ活用支援を行っており、本例会では同社におけるデータ利活用の実際と、課題解決の際の因果関係の整理の方法論、データ活用支援組織の在り方について解説頂く。
 
≪第3回例会≫
と き:7月26日(金) 15:00~17:00
テーマ:「JR東日本が挑むゲームチェンジ~IoT・BigData・AIによる『モビリティ革命』の実現~」
講 師:東日本旅客鉄道株式会社 技術イノベーション 推進本部 ITストラテジー部門次長 中川 剛志 氏
聴きどころ:
JR東日本は2018年7月にグループ経営ビジョン「変革2027」を発表し、その中において「モビリティ・リンケージ・プラットフォーム」により「シームレスな移動」の実現を主導していくことを発表した。本講演では、JR東日本におけるIoT・BigData・AI等による技術開発やMaaSに関する概要と取組、また、2017年9月に設立した「モビリティ変革コンソーシアム」におけるオープンイノベーションの活動をご紹介頂く。
 
≪第4回例会≫
と き:8月21月(水)15:00~17:00 ※見学例会となります。
テーマ:「共創ワークショップ空間におけるデジタル革新の具体化への取組み」
見学先:FUJITSU Digital Transformation Center大阪(DTC大阪)
聴きどころ:
エレクトロニクス、ITベンダー大手の富士通㈱は、2017年8月に「FUJITSU Digital Transformation Center大阪(DTC大阪)」をオープンさせている。この施設はAI、働き方改革、IoTなどのデジタル革新に向け、ソリューションやデバイス・ネットワークに精通した技術者、デザイナー、コンサルタントなどの専門家と顧客がワークショップを通じてともに考え未来への思いをカタチにする共創空間となっている。本例会では、DTC大阪の施設を見学するとともに、デジタル・トランスフォーメーションに向けた各種ワークショップの進め方、効果を体験する。
 
≪第5回例会≫
と き:9月12月(木)15:00~17:00
テーマ:「デジタル時代の知的財産保護に必要な考え方」(仮題)
講 師:東京大学先端科学技術研究センター 教授 玉井 克哉 氏
 
≪第6回例会≫
と き:10月28日(月)15:00~17:00
テーマ:「村田製作所の新規事業開発における挑戦と課題」
講 師:株式会社村田製作所 執行役員 企画管理本部 知的財産部長 谷野 能孝 氏
聴きどころ:
電子部品製造大手の村田製作所はIoT化の流れの中で、従来の部品売りきり型のハードウェアのビジネスモデルの他に、同社の技術の一つであるセンシング情報やセンシングシステムをサービスとして顧客に提供するリカーリング(サービス利用料を顧客から得る)ビジネスモデルの開発を試みている。本例会では、同新規事業推を6月末まで担当していた谷野氏にお越し頂き、同社の考えるビジネスの将来像や新規事業開発の取り組みおよび課題についてご講話頂く。
 
≪第7回例会≫
と き:11月13日(水)15:00~17:00
テーマ:「価値共創(CSV)戦略 『社会価値』と『経済価値』を実現するこれからの経営のあり方」
講 師:慶應義塾大学 総合政策学部教授 玉村 雅敏 氏
聴きどころ:
CSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)というマイケル・ポーター教授が提唱した経営戦略の考え方を自社の経営に取り込む企業が増えてきています。この考え方は、従来企業が追求してきた利益や売り上げといった「経済価値」に加え、地域社会の課題を解決する「社会価値」に着目し、新たな価値、ひいては新事業を創出していくというものです。本例会では、CSV、地方創生の研究者である慶應義塾大学の玉村氏にお越し頂き、CSVの考え方について事例を交えて解説頂きます。
 
≪第8回例会≫
と き:12月~1月(予定)15:00~17:00
テーマ、講師は会員の皆様のご意見を参考にし、決定致します。
 
※諸般の事情により、テーマ・講師・日程等はやむを得ず変更になる場合がございます
 
備考 [参加対象・運営方法]
*経営幹部、経営企画・管理、人事、総務部門等の責任者・管理者・スタッフ、労働組合幹部等
*1例会2時間:講演(90分)・質疑応答(30分)、代理出席・追加参加も可能(別部門も可)
*例会にご欠席された場合、ご希望の方には当日の資料をお送り致します。
(申込み方法)
下記入力フォームよりお申込下さい。折り返し、第1回例会のご案内及び本研究会の年間参加費請求書をご送付申し上げます。なお、以降の例会につきましては、開催の1か月程度前に登録者様あてにE-mailにてご案内申し上げます。

 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 事業部
担当者: 佐藤・松村
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
お申込みはこちら
ページの先頭に戻る