KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

KPC中堅企業『経営塾』(2020年度)

KPC中堅企業「経営塾」では、自社の事業転換を具体的に考えます。企業は変化する環境に対応していかなければ衰退していきます。その環境変化をいかに読み、自社の経営資源をどこにどう活用すべきか。ベテラン講師と他社から選抜された参加者と議論をしていきます。
『経営塾』とは
関西生産性本部が次世代経営者育成のために開発した交流型人材育成プログラムで、30年の歴史を持つ。410名を超える修了生には上場企業の代表取締役に就任した方も含まれ、その内容は高い評価を受けています。

『経営塾』の特徴
・経営者に必要な、“全社的視点”を3点から追求します。
 ①事業領域の把握 ②市場の把握 ③経営数字の把握
 上記3点を追求した明確なプログラム構成であるのが特徴です。
・最前線で活躍する経営トップ(社長クラス)との問答を繰り返すことで、リーダーシップを体得します。

『経営塾』の効果
①経営者に必要な“全社的視点”を習得します。
②その過程で、経営戦略、マーケティング、財務諸表の知識が身につきます。
③他企業からの参加者と交流・研鑽し、自社にとらわれない考え方に気づき、異業種との人的ネットワークが構築できます。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 長期講座 
主な対象 経営トップ層(部長層以上)、ミドルマネージャー層(課長クラス) 
講座カテゴリー 人材育成・開発 
開催日・期間 2020年07月29日~2020年10月29日
開催場所 開講式:オンライン
研修(宿泊)会場:オンライン もしくはクロス・ウェーブ梅田(大阪府大阪市北区神山町1−12)
閉講式:オンライン もしくはリーガロイヤルNCB (大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル)

※7月31日(金)~8月1日(土)の講座はオンラインで開催致します。
以降の講座は1か月ほど前に運営方法を判断致します。 
参加費 賛助会員1名 572,000円
一  般1名 627,000円
*受講料(教材・資料費を含む)、消費税(10%)が含まれています。
*宿泊・飲食費については、別途、事後に実費をご請求します。
*宿泊を伴う研修については、現地集合・現地解散です。 
内容(スケジュール、運営方法、等)
研修プログラムの骨子
 
1.ドメインの把握
①経営戦略の基本
 企業ドメインと事業コンセプト
 組織活力とリーダーシップ
②ドメイン・シートによる自社の事業展開の検討
 真の顧客
 コア能力と経営資源
 顧客価値
 ドメイン・チェンジを目指して
「自社演習~ドメイン・チェンジから投資・回収計画策定まで」
 
2.市場の把握~現場重視のマーケティングと顧客価値創造~
①現場重視のマーケティング
 市場を把握するための要素
 市場を知るにはまず現場~顧客の不安・不快・不満の解消~
②顧客価値創造
 モノづくりからコトづくり
 顧客起点のマーケティング
③失敗の研究
 ドメイン・チェンジの失敗~“デス・バレー”を突破できるか~
 どこで、なにをミス・カリキュレーションしたのか
 気付かなかったのか、気付いてもできなかったのか
 ケース「スターバックス」、「リアルフリート」他
 
3.経営数字の把握~キャッシュフローと投資・回収~
①決算書の勘所
②キャッシュフロー経営の意味(有利子負債と棚卸資産等)
③キャッシュフローと投資回収計画 「3社の経営比較」 「自社演習」
 
指導方法
 
1.経営トップとの問答~社長のリーダーシップ、悩みを肌で感じる~
◆目的
全社的視点をもつための素養(スピリット)の習得が目的です。
具体的には、塾長・経営トップとの問答を何度も繰り返すことによって、さまざまなトップ像を体感します。
自らのリーダーシップを確立していただくための転機です。
 
過去の問答実績(ご登壇いただいた経営トップ)
 
2017年度
因幡電機産業㈱ 代表取締役社長 守谷 承弘 氏
㈱明屋書店 代表取締役 小島 俊一 氏
㈱クイックス 代表取締役会長 服部 晋吾 氏
㈱タニサケ 代表取締役会長 松岡  浩 氏
㈱山田製作所 代表取締役社長 山田   茂 氏
 
2018年度 
㈱加貫ローラ製作所 代表取締役社長 加貫 泰弘 氏
三和建設㈱ 代表取締役社長 森本 尚孝 氏
㈱クララオンライン 代表取締役社長 家本 賢太郎 氏
三共鋼業㈱代 表取締役社長 川瀬 英樹 氏   
㈱伍魚福 代表取締役社長 山中  勧 氏
 
2019年度 
㈱ロック・フィールド 代表取締役社長 古塚 孝志 氏
川村義肢㈱ 代表取締役 川村  慶 氏
ネッツトヨタ三重㈱ 代表取締役副社長 平野 真也 氏
西島㈱ 代表取締役社長 西島  豊 氏
㈱最上インクス 代表取締役社長 鈴木 滋朗 氏
 
2.講義、ケーススタディ&演習~
◆目的
全社的視点をもつための素養(スキル)の習得が目的です。
プログラムにあわせて独自の仕組みと演習シートを開発しています。
 
塾長と講師陣
塾長
山本光学株式会社 代表取締役社長 山本 直之 氏
 
2020年度 指導講師
■ 青森大学学長、大阪市立大学大学院都市経営研究科教授 金井 一頼 氏
1949年生まれ。1981年神戸大学大学院修了、北海道大学教授、大阪大学教授、
大阪商業大学教授を経て、2018年4月より現職、専門は経営組織論。
中小・ベンチャー企業研究の旗手。「日本の産業クラスター戦略」(共著・有斐閣)他、
著書多数。公的委員多数就任。
 
■ ㈱ブリシス経営研究所 代表取締役・公認会計士 谷川 昌司 氏
1953年生まれ。神戸大学卒業後、大阪中小企業投資育成を経て、1989年より現職。
財務・経営 計画分野を中心にトップマネジメント層を対象としたコンサルタントとして活躍。
戦略立案、企業風土改革支援、業務改革指導などで活躍。
 
■ 大阪経済大学経営学部 教授・税理士 吉野 忠男 氏  
1959年生まれ。早稲田大学卒業、セイコーエプソン、たくぎん総合研究所を経て、
北海道大学大学院修了、2015年4月より現職。専門はベンチャー企業戦略、イノベーション他
 
■ 早稲田大学大学院経営管理研究科 教授 川上 智子 氏
大阪大学卒業。精密機器メーカーで新製品開発プロジェクトに従事。
2000年神戸大学大学院修了。関西大学教授を経て、2015年4月より現職。
専門は技術生産管理論、イノベーション論、経営組織論、マーケティング論
 
2020年度全体プログラム・講師
 
7月29日(水)16:00~18:00
「オリエンテーション」.「開講式」
 
②③7月31日(金)~8月1日(土)オンラインにて実施
「経営戦略の基本1」 青森大学 金井一頼
ケーススタディ/JINS等 「自社の戦略転換を考える」     
「ドメインの把握1」~企業ドメインの意義~    
 
④⑤8月28日(金)~29日(土)(1泊2日)※運営方法が変更になる場合がございます
「失敗の研究」大阪経済大学 吉野忠男   
ケーススタディ/破綻企業の分析 「経営トップとの問答1」
「マーケティングと価値創造」早稲田大学 川上智子
ケーススタディ
 
⑥⑦⑧9月3日(木)~5日(土)(2泊3日)※運営方法が変更になる場合がございます
「経営数字の把握1」~経営数字の基本~ ブリシス経営研究所 谷川昌司
ケーススタディ/上場3社の財務分析
講義・まとめ 「経営トップとの問答2」   
「ドメインの把握2」~ドメイン・チェンジ発表~
 
⑨⑩9月14日(月)~15日(火) ※運営方法が変更になる場合がございます
「経営トップとの問答3」
「ドメインの再検討/経営戦略の基本2」青森大学 金井一頼
「組織活力とリーダーシップ」 「経営トップとの問答4」
 
⑪⑫10月9日(金)~10日(土)※運営方法が変更になる場合がございます
「経営トップとの問答5」
「経営数字の把握2」~CFと投資回収~  ブリシス経営研究所  谷川昌司
「ドメインの把握3」~投資・回収計画~
 ~投資・回収計画発表~ まとめ
 
⑬10月29日(木)16:00~18:00
「成果報告会」、「閉講式」
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参加者の声
 
(不動産業・取締役社長Aさん)
・自社のドメイン・チェンジを検討するにあたり、投資・回収計画まで作成することにより、
 難しさを痛感すると同時に、今後新規事業を検討するのに役立ちました。
・経営数字が苦手でしたが、分かりやすく教えて頂き、様々な局面での必要性を理解しました。
 
(化学メーカー・開発部室長Bさん)
・通常の業務では、他業種の方の話や考え方を聞くチャンスはないので、大変参考になり、
 自分のモチベーションアップにつながった。
 
(建設業・人事グループマネージャーCさん)
・人事部門に籍を置いているため、比較的「経営」というものには近いと感じていましたが、
 理論的にも、考え方も未熟であると実感しました。私自身の仕事のなすべき領域についても
 考えさせられるよい機会でした。
 
(機械メーカー・技術部課長Dさん)
・参加し、講義が始まるまでは経営のテクニックを学ぶ研修で退屈なものを想像していたが、
 経営者のものの考え方や姿勢についての内容で非常に納得のいく研修だった。
 
(電設関連商社・営業部長Eさん)
・日常業務上で今まででは考えたことの無い見方が出来るようになった。財務諸表を分析し
 得意先の状況を把握するなど。ビジネスプランを考えたり、自部門での新しい商材・商流を
 考えるきっかけとなった。

 

(通信会社・執行役員Fさん)

・財務諸表の見方、経営分析について、今まで本格的に触れることがなかった。また同業種間

 の経営状況の違いが見られて参考となった。今後、自他社の状況把握につなげたい。

 

 
印刷用ファイル 2020年度経営塾案内状.pdf (1,685 k)
備考 下記申込み欄から申込用紙をダウンロードし、FAX、もしくは郵送ください。
ご不明の点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。  
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 事業部
担当者: 松村・小松・中山
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る