KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

2016年度 営業・マーケティング研究会【後期募集】

ーここから始まる異業種ネットワークー営業・マーケティングパーソンが集う場ー

当研究会は、営業・マーケティング業務に携わる方々にお集まりいただき、先進的企業の営業・マーケティング戦略について学ぶと同時に、様々な形態でのディスカッションを通じた創発と相互交流を行うことで、会員同士の関係性を深め新たなネットワークの構築を行います。また、幹事・アドバイザーが世話役となることで、先進的企業の研究とネットワークづくりの両方が実務に役立つだけではなく、参加者が成長できる内容になることを目指しております。
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 研究会 
主な対象 ミドルマネージャー層(課長クラス) 
講座カテゴリー 経営革新 
開催日・期間 2016年11月15日~2017年02月15日
開催場所 関西生産性本部 他 
参加費 生産性本部会員(2名まで登録可):34,425円(消費税含む)
一     般(2名まで登録可):42,525円(消費税含む)
*第6回例会での懇親会費(4,000円程度)は、別途実費を頂戴いたします。 
内容(スケジュール、運営方法、等)

【幹事】

加藤産業㈱ 営業企画部部長                         梅 澤 光 男  氏
住友商事㈱ 不動産戦略事業部部長付                     花 村 幸 宗  氏
ダイキン工業㈱ 専任役員SCM、物流担当 空調営業本部副本部長(事業戦略担当) 竹 中 直 文  氏
㈱大丸松坂屋百貨店 執行役員大丸大阪 梅田店長                冨 士 ひろ子  氏
㈱電通 関西支社 プロモーション・デザイン局次長               平 栗   豊  氏

 

 

【アドバイザー】

流通科学大学 流通科学研究所長                 石 井 淳 蔵  氏
神戸大学大学院 経営学研究科教授                栗 木   契  氏
(公財)日本生産性本部 主任経営コンサルタント          太 田 昌 宏  氏

 

2016年度 会員一覧】組織名50音順 (1326)

エスペック㈱ 加藤産業㈱ ㈱小西印刷所 サントリー酒類㈱ 新生フィナンシャル㈱ 住友商事㈱

ダイキン工業㈱ ㈱大丸松坂屋百貨店 ㈱電通 ㈱パックプラス ベルモントコミュニケーションズ㈱

ミズノ㈱ 三菱電機㈱

 


 

運営方法

①後期3回の定例例会と1回の特別例会を開催致します。
②1社2名までの登録制とし、代理出席不可とさせて頂きます。
③原則として例会は3時間(講演45分、グループ討議30分、質疑応答50分、経験交流会60分)
④メンバー間のネットワークが出来るようグループ討議、経験交流会、懇親会を行います。
⑤各例会の約1カ月前にe-mailにて案内をお送りし、出欠確認をさせて頂きます。
 


 

≪第4回例会≫見学会

と  き: 2016年11月15日(火) 午後
見 学 先: ミズノテクニクス(株) 養老工場[岐阜県養老郡養老町]
テ ー マ: 「匠の技で世界のアスリートを支えるものづくり」 
視  点 ☞ 

野球バット、ゴルフクラブなどを中心に、高品質の製品を作り出すことで知られる同社。その技術力の高さは世界のアスリートも注目している。ミリ単位の精度にこだわる野球バットやゴルフクラブの『YORO JAPAN CRAFTED』など「ミズノQuality」の高い技術力の現場に迫る。

 


 

 

≪第5回例会≫

と  き: 2017年 1月18日(水) 15:00~18:00 [当本部会議室]
テ ー マ: 「知と汗と涙の近大流コミュニケーション戦略」
講  師: 近畿大学 広報部長        世 耕 石 弘 氏 
視  点 ☞ 

近畿大学が3年連続日本一の入試志願者数を実現した背景には、戦略的なPR活動とメディア戦略があった。「入れ替えなきリーグ戦」の中で、旧態依然とした大学界の常識にとらわれない広報を展開。リリース配信本数は年間397本(2015年度)。紙の願書を廃止した「近大エコ出願」や世界初のクロマグロ完全養殖など、SNSで拡散したくなるようなクリエイティブを投入する近大流のコミュニケーション戦略とは。 

 

 


 

 

≪特別例会≫

と  き: 2017年 1月24日(火) 14:00~17:00 [当本部会議室]
内  容: 「KPCマネジメント・スクール2016『マーケティングコース』」 グループ研究成果発表会 
「KPCマネジメント・スクール2016『マーケティングコース』」の受講生が、日頃の問題意識からテーマを設定し、文献調査や先進企業の取り組みのインタビュー調査などを通じて仮説検証を行い、得られた成果を報告する。

 

 


 

≪第2回例会の振替例会≫※第2回例会(9/20)が台風影響の為延期となりました。

と  き: 2017年 2月3日(金) 14:30~17:30 [当本部会議室]
テ ー マ: 「ものづくりは演歌だ!~農家の「ボヤキ」から生まれる「義理と人情」のものづくり~」
講  師: (株)筑水キャニコム 代表取締役会長        包 行  均 氏
視  点 ☞ 

「草刈り機 まさお」などユニークなネーミングの農業用機械を製造・販売していることで知られる同社。製品開発においても、ユーザーである農家の方々へのインタビューから得られた"ボヤキ(不満)"に着目し、徹底的なお客様目線で商品開発を進めることで農家の期待を裏切らない製品を作り続けている。ものづくりは義理と人情だと語る、包行会長が考える「演歌経営」とは。

 


 

≪第6回例会≫

と  き: 2017年 2月15日(水)  14:00~18:00 [当本部会議室]
※懇親会 18:10~20:00
テ ー マ: 「『タカラヅカ』に学ぶ!100年続くロマンと算盤」
ゲ ス ト: 北摂演出研究所 代表     森 下 信 雄 氏
コーディネータ: (公財)日本生産性本部 主任経営コンサルタント        太 田 昌 宏 氏 
視  点 ☞ 

浮き沈みの激しいエンターテイメント業界において、宝塚歌劇団は100年以上続いている。タカラヅカの「世界観」に魅了された人々はファンとなり、やがてコミュニティへと成長し維持・拡大を続けている。100年経ってもいまなお支持される理由をブランドとビジネスモデルの視点から考えて行く。

 


 

≪第1回例会 終了≫

 と  き: 2016年 8月4日(木) 14:00~18:00 [当本部会議室] 

                       ※懇親会 18:10~20:00
テ ー マ: 「空前のインバウンドツーリズムを考える」
ゲ ス ト: 流通科学大学 人間社会学部観光学科教授            柏 木 千 春 氏
コーディネータ:  神戸大学大学院 経営学研究科教授             栗 木    契 氏
視  点 ☞ 

訪日外国人旅行者数は年々増加しており、2013年に初の1000万人に達成し、2015年には2000万人を超え、3兆円を超える消費行動が行われた。これからの外国人旅行客の行動変化などについてマーケティングの視点で考えていく。

 


 

≪第3回例会 終了≫

と  き: 2016年10月 7日(金) 午後
見 学 先: シスメックス(株) アイスクエア[兵庫県加古川市]
テ ー マ: 「メイド・イン・ジャパンを活かしたブランディング」
視  点 ☞ 

病院や検査センターなどの医療機関で行われる検体検査に必要な機器の開発と生産を日本国内で行っている。高品質・高精度の機器を作り、医療分野で重要な安全・安心・正確な検査結果を提供している。また、機器で使用する試薬販売やネットワークシステムによる機器管理、メンテナンスなど、多様なサービスと組み合わせることで、ブランド力向上に役立てている現場に迫る。

 


※都合により、内容が変更となる場合があります。

 

 
印刷用ファイル 営業・マーケティング研究会 後期案内状.pdf (241 k)
備考 【お申込み方法】
「お申込みはこちら」に必要事項をご記入の上、お申込みください。
(ただし、参加社が30社になり次第、締め切らせていただきます。)
折り返し、本研究後期参加費の請求書をご郵送し、第4回例会案内はe-mailにてお送り致します。
申込み期限:11月4日(金) 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 経営革新部
担当者: 金谷(かなや)・西村
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る