KPC 関西生産性本部

  • サイトマップ
  • English
  • セミナーイベント検索
研究会・セミナー・各種講座 詳細情報
HOME > 研究会・セミナー・各種講座 詳細情報

賃金基礎講座(第1回6月開催)

~2日間で賃金の基礎知識とスキルをしっかり体得する~

人事・賃金制度に携わる方々には、自社の現状に最適な制度を設計・導入・運用する不断の努力が求められます。様々な制度の趣旨や考え方を正しく理解することが人事・賃金制度に携わる上で必要不可欠と言えます。

「賃金基礎講座」では、日本型人事・賃金システムの歴史と潮流を踏まえ、今日の労使関係の変化にも対応し、実務に役立つ知識とスキルを身につけることが出来るよう、座学に加え演習と参加者相互の情報交換を通して、2日間で賃金の基礎をしっかりと体得できるプログラムとなっております。

初学の方のみならず、人事担当者・管理者や労働組合役員の方々にとっても有益な機会かと存じますので、是非ともご参加賜りますようご案内申し上げます。

●これまでの日本の賃金体系の特色を整理する
●日本の企業に多く見られる職能給・職能資格制度の今日的な問題点を明らかにする
●実務担当者に不可欠の「賃金分析」「他社比較」等の基本スキルと基礎知識を学ぶ
●人事・賃金制度に携わる者同士が問題意識を意見交換し、気づきと刺激を得る
●諸々の賃金制度の潮流をふまえ、これからの賃金体系の課題を整理する
主催団体 関西生産性本部 
講座の種類 セミナー 
主な対象 ミドルマネージャー層(課長クラス)、リーダー層(主任・係長クラス)、執行委員クラス、職場委員クラス 
講座カテゴリー 労使関係 
開催日・期間 2016年06月02日~2016年06月03日
開催時間 10:00〜17:00 
開催場所 当本部会議室
(大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階) 
開催場所URL http://www.kpcnet.or.jp/access/index.html
参加費 賛 助 会 員(1名につき) 48,600円(消費税・資料代含む)
一   般(1名につき) 54,000円(消費税・資料代含む)
※賛助会員とは、生産性本部加盟の賛助会員をさします。
※費用には昼食代は含まれておりませんので、各自お取り下さい。 
内容(スケジュール、運営方法、等)

【スケジュール】

第1日目

Ⅰ.【講義】仕事ベースの賃金体系への改定に向けて〜年功的人事処遇の再見直し〜 
 1.はじめに
 2.これまでの日本の賃金体系の特色
 3.賃金体系の組み立てパターン
 4.賃金表の選択
 5.賞与・一時金と退職金

Ⅰ講では、これまでの日本の賃金体系の特色を整理し、これからの賃金体系を考えてゆくための端緒とします。日本企業に多く見られる職能給の仕組みについても今一度整理します。

Ⅱ.【講義】職能給・職能資格制度の特色と問題点
 1.職能給・職能資格制度の問題点
 2.職務調査と職能要件書(職能マニュアル)の整備
 3.トータル人事システムの考え方

Ⅱ講では、主に職能給・職能資格制度の特色と今日的な問題点を明らかにします。

Ⅲ.【講義と演習】賃金分析と賃金改定の実務
 1.自社の賃金分析の方法と賃金実態の把握
 2.他社・世間水準との具体的な比較方法
 3.賃金表の書き換えと年齢別配分の考え方
 4.定期昇給とベースアップ
 5.主要な賃金決定要因と労働分配率
 6.自社の賃金分析に有効な主要統計
 7.演習自社の賃金分析
 8.演習自社の賃金表点検

Ⅲ講では、実務担当者に必要不可欠な、「自社の賃金分析の方法」や「他社・世間水準との比較の方法」「賃金表の書き換え」などの基礎知識と基本スキルを講義と演習を通じて学びます。

第2日目

Ⅳ.【講義】業績・成果重視の賃金体系
 1.賃金大改革へ向けての新たな試み
 2.年俸制の特色と成果主義賃金の課題
 3.裁量労働と賃金処遇
 4.公平・公正な処遇制度と賃金管理
 5.職務・役割給の設計ポイント
 6.業績連動型賞与の特質と留意点
 7.能力主義処遇の強化とコンピテンシー概念の導入
 8.仕事を重視した複線型処遇と職種別賃金

Ⅳ講では、各組織で導入の進んだ「業績・成果重視の賃金体系」について、その特色や課題を整理するとともに、設計、導入や運用する上での留意点を整理します。

Ⅴ.【講義】中高年の賃金処遇の見直しと再構築
 1.65歳継続雇用と賃金処遇
 2.中高年層の賃金カーブ

Ⅴ講では、昨今、特に見直しと再構築が急務となっている60歳以降の高齢者を中心に、中高年層の賃金処遇について考えます。

Ⅵ.【参加者相互の情報交換】これからの賃金処遇

Ⅵ講では、第1日に実施するご参加者アンケート「自社の最近賃金処遇施策と将来展望」をもとに、ご参加者相互に問題意識や課題について意見・情報交換を行います。

Ⅶ.【講義】賃金体系の将来展望
 1.新たな賃金処遇の動き
 2.仕事本位賃金への潮流
 3.労働の流動化に備えての短期決済型賃金とは
 4.ユニバーサル賃金へのアプローチ

Ⅶ講では、2日間にわたり整理してきた諸賃金制度の潮流をふまえ、これからの賃金体系の課題を整理します。

※ 演習を行いますので、各自電卓をご持参ください ※

【講師紹介】
居樹 伸雄(すえき のぶお) 氏
社会総合研究所 主幹研究員 (元 関西学院大学社会学部教授)
1969年上智大学経済学部卒業。日本生産性本部入職。生産性研究所主任研究員、関西女学院短期大学教授、関西学院大学社会学部教授を歴任する。「賃金事情(産労総合研究所)」に「(居樹教授の)賃金ゼミナール」を5年に亘り連載するなど、賃金制度及び賃金決定(賃金交渉)、雇用処遇、労働問題に詳しい。

 
印刷用ファイル 賃金基礎講座案内状2016.doc (129 k)
備考 1.申込みフォームより、ご参加ご希望日等の必要事項ご入力の上、ご送信ください。
2.折り返し、請求書、参加証、会場略図をお送りします。
3.申込締切日は、2016年5月26日(木)です。
4.締切日後の取消しの場合、参加費のご返金はいたしかねますので、ご了承賜りますと共に代理の方のご出席をお願いいたします。
5.セミナー当日は演習を行いますので、各自電卓をご持参ください。 
お問い合わせ 〒530-6691 大阪市北区中之島6-2-27 中之島センタービル28階
部署: 人材開発部
担当者: 高田・西田
TEL: 06-6444-6464
FAX:06-6444-6450
ページの先頭に戻る